金庫が開かない!そんな時には

kinko_toki

会社にある金庫というのは、経理の女性を始めとして責任者など数人が取り扱うことが多いので、たまに金庫が開かない!といったトラブルに悩まされることがあります。それに、金庫の扉に手形などの書類が挟まっているために開かなかったりとか、何度も金庫の開け閉めをしていると鍵穴にガタがくるということさえもあるそうなのです。これは、以前金庫が開けられなくなった際に、プロの鍵屋さんに来ていただいて説明を受けた話です。

また、ダイヤルを毎回回すのが面倒ということで、ダイヤル自体は開錠した状態のままにしておいて、鍵穴に鍵を差し込んで回すだけで金庫の扉が開くようにしていた経理の方もいました。その時にも、誰かがダイヤル錠に触れたか何かで、ダイヤルの開錠状態が変わってしまっており、ダイヤルの開錠に手こずったといったこともありました。おまけに、会社というのは書類だらけなので、経理の方もダイヤルを開錠するメモの控えをどこにやったか分からないというのです。

詳しくはこちらの記事へ
→ 鍵開け名人

結局その時ばかりは鍵屋さんに来ていただく羽目になりましたが、経理の方というのは几帳面な性格の方が適しているように思います。

ちなみに、ネットで金庫が開かなくなったというケースを調べてみたのですが、プロの鍵屋さんに要請が掛かるのは鍵を紛失した場合とか、金庫をいつも使用している方が不在のために開けられなくなったというケースが多いようですね。私も昔仕事で金庫を扱うことがあったのですが、確かにダイヤル式の金庫というのは面倒この上ないですね。最初のうちは、それでも我慢をしながら金庫を開ける際には毎回ダイヤル錠を回していました。ところが、段々と面倒になってきて最終的にはダイヤル錠をガムテープで動かないようにしていましたね。ただしそれでも金庫の場合、鍵穴に鍵を差し込んで開錠するようにはなっているので、まさか空き巣も鍵のピッキングまではしないであろう?と高を括っていましたね。