売ります!開けます!引き取ります!金庫のことならお任せ下さい。

kinko_koto

ネットで鍵屋さんについて調べてみると、「売ります!開けます!引き取ります!金庫のことならお任せ下さい。」といったキャッチコピーを掲載した鍵屋さんのホームページが多数あります。おまけに鍵屋さんの中には、365日無休というお店もあるようですね。ちなみに、金庫を開けて欲しい!という企業からの依頼の場合はまだいいのですが、家の玄関の鍵ともなると、夜中に突然電話がかかってきて無理矢理起こされてしまうというケースもあるでしょうね。それに、何分にも突然見ず知らずの方からの電話での依頼なので、慌てて駆けつけたところ鍵が見つかったのでもう結構です!と断られてしまうというケースもあるかもしれませんね。とにかく仕事で疲れて自宅に帰ったものの、玄関の鍵が見つからないともなると慌てますからね。慌てて鍵屋さんに電話したはいいものの、その後すぐに鍵が背広の内ポケットやカバンの中から見つかったということも無きにしも非ずです。

あるいは、倉庫や住宅の持ち主であることを装って、泥棒が鍵屋さんを呼ぶということも鍵屋さん歴が長い人であればあるほど、そんな経験も中にはあるかもしれませんね。
(参考:金庫が開かない!そんな時には

そんなこともあるので、会社の金庫を開けるという依頼の場合は本人確認も必要ないのですが、基本的には本人確認が可能な免許証とか車検証の提示を求める必要もあるのかもしれませんね。

例えば、ネット上には随分と数多くの鍵屋さんのホームページが掲載されていますが、需要者側もさることながら供給側もそれだけ多いとなると鍵屋としての運営も大変でしょうね。たまに鍵屋さんのホームページの中には、店長自らが顔写真付きで掲載されていることがあります。そんな鍵屋さんの場合、店長と店員と数名で経営をしているのだと思うのですが、そのくらい人情に訴えかけるようなほのぼのとしたホームページにでもしない限りは、そうした業界で生き残っていくことさえ難しいのかもしれませんね。